劇団四季 おすすめ座席「美女と野獣 編」

劇団四季
質問者
質問者

劇団四季の美女と野獣を観劇したいんだけど、おすすめの座席はあるのかな?

劇団四季の美女と野獣を観劇したけど、いざチケットを取るとなると座席がいっぱいあって迷っちゃう。

おすすめの座席はないかな~と思った事はありませんか?。

あります!。劇団四季の美女と野獣でおすすめの座席!

しかもご夫婦やカップル等の2人組に超おすすめの座席です

また、舞台に集中したい。なんて方にもおすすめです。

この記事では劇団四季の美女と野獣のおすすめ座席はもちろんの事、おすすめ座席からの舞台の見え方、おすすめ座席の金額を紹介します。

舞浜アンフィシアターの座席

おすすめの座席の前に、劇団四季の美女と野獣が上演されている、舞浜アンフィシアターの座席について少しだけ説明します。

引用:劇団四季HPより

舞浜アンフィシアターの座席は上記の図のように、扇型の座席となります。

真ん中のブロックと、端のブロックでは舞台の見切れなど見え方に違いはでますが、座席が扇型のため比較的どの座席からでも舞台は見えやすい劇場です。

ちなみにアンフィシアターとは、半円形のステージを取り囲むようにすり鉢状に配置された客席を持つ劇場の事をいうそうです。

美女と野獣のおすすめ座席

引用:劇団四季HPより

美女と野獣のおすすめ席は、赤で囲ってあるIブロックの10列の61番~70番がおすすめの座席と紹介している方が多いです。

Iブロックの10列の61番~70番は、1段高い段差の上の最前列でど真ん中で、前の人の頭が気にならず舞台全体が見やすいというのが人気の理由です。

ただ、Iブロックの10列の61番~70番は非常に人気の座席のため、なかなか入手し難い座席となっています。

美女と野獣 ご夫婦やカップル等の2人組におすすめ座席

質問者
質問者

見やすくても、入手し難い座席をおすすめされても。。。

そこで今回紹介するのは青で囲っているGブロックの10列~15列の33番、34番及びCブロックの10列~15列の101番、102番をおすすめします。

しかもこのおすすめ座席は2席並びのため、ご夫婦やカップル等の2人組の方に非常におすすめな座席となっています。

私は観劇中に隣の方が動くのが結構気になるんですが、おすすめのGブロックの10列~15列の33番、34番及びCブロックの10列~15列の101番、102番であれば、1人で観劇した場合でも隣には1人だけ、ご夫婦やカップル等の2人組であれ、ほぼ隣の方が気にならないと思います。

またGブロックの10列の33番、34番及びCブロックの10列の101番、102番は前のブロックとの間に通路があり、1段高くなっているため視界がさえぎられる可能性は少なく、非常に舞台が見やすい座席です。

美女と野獣 おすすめ座席の見え方は?

質問者
質問者

おすすめの理由は分かったけど、実際の舞台の見え方はどうなの?

なんて心配があると思いますが、安心してください。

Gブロックの10列~15列の33番、34番及びCブロックの10列~15列の101番、102番は少し舞台に対して斜めから見る様になりますが、見切れはほぼ無くとても見やすい座席です。

下記はGブロックの10列の33番から舞台を撮影した写真になります。

座席に座っている状態で撮影をしたんですが、目の前が通路になっていて、前の座席まで距離があるため前の座席の方の頭は全く気になりません

また幕が開くと舞台上のバラの周りのツル?みたいな所は、はけてしまうため舞台全体が見える様になります。

美女と野獣 おすすめ座席のお値段は?

質問者
質問者

ちょっと興味が出て来たけど、肝心のお値段は?

おすすめしているGブロックの10列~15列の33番、34番及びCブロックの10列~15列の101番、102番の座席は、S1席になります。

S1席は一番高いピークで14,000円になります。

レギュラーで13,000円バリューで、12,000円となります。

劇団四季の座席の値段設定では、一番高い値段設定の座席となります。

まとめ

劇団四季の美女と野獣でおすすめの座席は、Gブロックの10列~15列の33番、34番及びCブロックの10列~15列の101番、102番です。

Gブロックの10列~15列の33番、34番及びCブロックの10列~15列の101番、102番はご夫婦やカップル等の2人組の方に特におすすめしたい座席です。

2席並びのためご夫婦やカップル等の2人組であれば、隣の席の方の事は気にならずに観劇でき、舞台の見切れもほぼ無く快適に観劇出来ます。

S1席なのでお値段は高いと思うかもしてませんが、絶対に満足して頂けると思うので、一度お試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました